クイズに正解があるように、DESIGNにも正解がある ただデザインするのならデザイナーがすれば良い。フィフ スターデザインは、御社の成功をデザインします。

blog

DESIGN SOLUTION

2011.02.23
温泉レポ5・神奈川県箱根町仙石原・ホテル箱根パウエル

温泉レポ5・神奈川県箱根町仙石原・ホテル箱根パウエル

第5回目のレポートです。今回は1泊二日で神奈川県箱根町仙石原・ホテル箱根パウエルにいってきました。

まずはホームページです。

 

1.jpg

少し、サイト全体が古めかしい感じもございますが、

トップページからは、トップフラッシュで訴求をす、トピックス、オンライン予約等が続きます。

数年前に作られたサイトかと思いますので、横幅が800pxほどでしょうか。

現在パソコンの解像度の支流が横幅1024pxになっておりますので、そのあたりで全体的な改善が望ましいと思います。

また、最近とくに感じているのですが、スマートフォンの普及によって、フラッシュが、

みれない機種も現在多く有り、その部分でフラッシュを使用せずにビジュアルを表現するという部分が、

課題となってきております。

 

グランドメニューとプレーンテキストのサイズが双方とも12pxでまとめていることによって、

全体的なデザインのメリハリが損なわれております。

タイトルとして表現したい部分、読みものとして表現したい部分で、フォントサイズを変える事で、

全体的なメリハリにつながりますので、その部分も改善点です。

 

 

今回は、少し遠出での箱根でございましたが、

この日は、東京でも大雪を観測した日で、箱根の山道を車であがれるか心配でしたが、

長野県出身である私なので、雪道での走行は経験済みなので難なく登りきれました。

御殿場方面から上がっていったのですが、本格的な雪の日は今年はじめてでしたので、

幻想的な雰囲気と、地元長野で味わってきた雪国生活がかぶり、懐かしい気もしました。

 

ホテルについたのが19時くらいでしたが、

暖かいご飯を用意していただけ、地鶏料理はとてもおいしく満足できました。

そして、温泉レポです!

丁度19時で男湯と女湯の入れ替わりで、片方しか味わえなかったのですが、

白濁湯で、源泉は少し温めでしたが、名湯として知られる箱根の温泉、

湯上がりはぽかぽかで、肌触りもなめらかでした。

男湯からは、富士山が目の前に広がり、大自然を堪能できました。

女湯の方は、いろいろのお風呂が楽しめるみたいで、次はぜひそちらにも入ってみたいです。

 

今回は別館にてとまったのですが、本館との移動が、

渡り廊下のような場所を通らないと行けず、そして館内もそこまで、

暖かくなかったので、浴衣のみでの移動は少し寒さを感じました。

 

また温泉が白濁湯だから仕方ないのかもしれませんが、

お風呂の窓が少しよごれか何かで少し曇っていてそこもせっかくの絶景なので、

もったいない気もしました。

 

朝食はバイキングでしたが、和洋30種類ぐらいのメニューが用意されていて、

満足でした。

 

 

■温質はこんな感じだそうです。

泉 質:カルシウム・マグネシウム-硫酸塩・塩化物温泉(酸性泉)
湯 量:毎分19 リットル、湯温:源泉64.7 ℃、白濁、沈殿物あり、pH2.9
源泉からの距離:約2km かけ流し、循環なし、昇温のため湯を加える。(分析者神奈川県温泉地学研究所)
なお、露天風呂と玉砂利の湯はホテル敷地内の井水を昇温の上使用しています
適応症:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、 疲労回復、健康増進、動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病

 

車で都心から1時間半で行ける箱根ですが、

いつもと違う雰囲気が味わえてとてもリラックスできました。

 

ホテル箱根パウエル

〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1244

TEL:0460-84-8686 FAX:0460-84-8688

http://www.powell.jp/hakone/index.php

WEB・ホームページ | ホテル・旅館・温泉 | 温泉レポート | 神奈川県のホームページ | BLOG一覧へ

calender

2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別 アーカイブ

INFOMATION

ADDRESS
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-27-3-204
営業時間・定休日
11:00-19:00 火曜日定休
TEL & FAX
0422-22-0316
地図

拡大地図

FIFSTAR と わたし

FIFSTAR DESIGN 木下貴晶

時は、リーマンショック直後の日本。
平成の大不況のまっただ中、2008年10月にFIFSTAR DESIGNをスタート致しました。
26歳、意を決したチャレンジでした。
それまでは表参道のデザイン会社にて、創業メンバーとしてデザイン業務を行っておりました。
5つ星(FIVE STAR)から、いつまでも輝いていたいという思いを込めて、FIFSTARという造語を作り社名と致しました。
スタイリッシュなデザイン、和物デザインを、得意とし、お客様が満足いくまでとことん、デザインと向き合います。
趣味はスキューバダイビングと温泉巡り。
好きな食べ物はかぼちゃの煮付け。

FIFSTAR DISIGN